fc2ブログ
!-- /header -->

記事一覧

コミック追記『ポリーナ私は踊る』(仏)原作を超えているか!?メーキング動画も。

『ポリーナ私を踊る』     2016(仏)原作コミック:バスティアン・ヴィヴェス監督:ヴァレリー・ミュラー監督:アンジュラン・プレルジョカージュ一人の天才バレエ少女の、輝かしくも数奇な運命を描いた話題のフランス・グラフィックノベルを映画化!ダンスを通して喜びや悲しみ、成功と挫折を味わい成長していく少女。彼女が見つけた自分らしい生き方とは…。■ストーリー バレリーナを目指し、厳格な師匠の下で特訓を重ねる...

続きを読む

珠玉のサイレント映画『非常線の女』 『東京の女』あの『東京物語』の小津映画が蘇る!

『非常線の女』1933年(昭和8年4月27日)ちょい役のこの女優の演技はなんともいい『東京の女』1933年(昭和8年2月9日公開)ローアングルはこの時代からも 率直に言ってこんなトーキー"もの"は、関心はない。なぜここにアップしたか!?率直に言って小津安二郎監督の作品だから!本日、2023.12.12 PM1時NHKBS1で『東京物語』が放送されるようだが、率直言ってこれは”見飽きた”、・・・けど、見てしまう、いや録画。なにせ数年前...

続きを読む

黒澤監督と高峰秀子の恋仲破綻の真相

主演の高峰秀子と森雅之『 浮雲 (うきぐも) 』1955監督:成瀬巳喜男名匠・成瀬巳喜男が林芙美子の同名小説を映画化し、日本映画を代表する1作として語り継がれる名作。戦後の荒廃した日本を舞台に、腐れ縁の男女の愛の顛末を描く。「東京物語」の小津安二郎監督や、「七人の侍」の黒沢明監督に、こんな映画は成瀬巳喜男君にしか描けないと言わせしめた名作。原作:林芙美子なんだかんだ言っても不倫映画なんだけどそこらへん...

続きを読む

不朽の名作『第七の封印』自死の前に見るべき映画!死神・チェス・ヨハネ・死の舞踏

『第七の封印』1957・スウェーデン監督:イングマール・ベルイマンカンヌ国際映画祭で審査員特別賞ペストが蔓延し、世界の終末が迫る中世ヨーロッパを舞台に、十字軍の遠征から帰途についた騎士アントニウスと死神の対決を通して、人間の生と死、神の存在を問いかける作品。アントニウスは、帰郷の途中で死神に出会います。死神は彼の命を奪おうとしますが、アントニウスは自分の命を賭けてチェスの勝負を挑みます。チェスの勝負は...

続きを読む

不朽の名作『第七の封印』自死の前に見るべき映画!死神・チェス・ヨハネ・死の舞踏

『第七の封印』1957・スウェーデン監督:イングマール・ベルイマン文字色カンヌ国際映画祭で審査員特別賞ペストが蔓延し、世界の終末が迫る中世ヨーロッパを舞台に、十字軍の遠征から帰途についた騎士アントニウスと死神の対決を通して、人間の生と死、神の存在を問いかける作品。アントニウスは、帰郷の途中で死神に出会います。死神は彼の命を奪おうとしますが、アントニウスは自分の命を賭けてチェスの勝負を挑みます。チェスの...

続きを読む

カテゴリ

スポンサーリンク

ご感想や広告依頼はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

.ad-bottom { text-align : center; margin-top : 20px; margin-bottm : 20px; }